数字でみる札幌市中央卸売市場Infographics

01

鮮魚と野菜は道内のものが中心

全国から集まる鮮魚魚介類の約8割、野菜の約7割が道内からの入荷。冷凍魚介類は東京の会社を通じた品も多い。
果物は海外を産地とするものが多く。バナナ(フィリピン)やグレープフルーツ(米国)などが代表格だ。

02

取扱金額の推移

札幌圏の経済発展を背景に、水産物と青果物を合わせた取扱金額は1975年に1000億円を突破。しかし98年の2440億円をピークに近年は3割程減少。全国的な消費者の生鮮食品離れや大手スーパーやインターネット通販等の市場外流通の広がりが原因とされる。

03

平成30年度 品目別取扱量ベスト3

04

取扱品目・取扱高

札幌市の取引品目は水産物で290種類程度、青果物で232種類程度に分類されている。まぐろなら「本まぐろ・めばち」など、りんごなら「つがる・ふじ・むつ」などに分類される。

(平成30年4月~平成31年3月)※四捨五入のため合計が合わない場合があります。